対象:プログラムの3つの基本動作を理解したい方 
効果:3つの基本動作を実際のプログラムの具体例により理解することができます

 プログラムは3つの動きによって成り立っています。
 順次、分岐、繰り返し です。
 この3つの動きを組み合わせてプログラムを構築していきます。

 VBAでは、これらの動きを例えば以下の様に表現しています。

  ・順次
    処理を順番(プログラム文を一行ずつ上から順)に処理

  ・分岐
    条件によって分岐する処理
   (もしA なら B 。そうでなければ C を実行)
      If A then
        B
        Else
            C
      End If

  ・繰り返し
    条件が満たされるまで繰り返す処理
   (B を一回実行するたびA が一つ増えていく。
    条件 C を満たすまで B の処理を繰り返す)
       A=1
         Do
                   B
               A=A+1
         Loop until C

 です。

  これらをどう組み合わせて活用するのか例示してみます。

〇順次

〇選択の中に繰り返しがある場合

〇繰り返しの中に選択がある場合

このように、3つの動きの組み合わせによりプログラムを構築していきます。