対象:減価償却費についてより理解を深めたい方 
対象:減価償却による価値と実際の物の価値との違い、減価償却と固定資産売却損益との関係が理解できます

 減価償却費とは、固定資産の購入代金を耐用年数にわたり分割して費用化することです。例えば、建物・機械・ファニチャリーなどの場合、長期間使用することになるので、各年度に費用を案分します。例えば、購入した機械が300万円で、5年間で費用分配、その後価値が0円になる場合、

  300万円÷5年=60万円(1年間で負担する費用)

となり、5年目で価値0円となります。

 ですが、これは会計上の価値であり、じゃあその機械はもう使えなくなるのか、あるいは中古市場で売れないのか、というと、もちろんそうではありません。機械が故障しなければその後も使えますし、中古品として値がつくことも大いにあります。例えば、会社で使っているファニチャリーが高価なアンティークだった場合、価値はとうの昔に0円になっていますが、売れば1,000万円の値がつくかもしれません。

 ですから、固定資産の会計上の価値と実際の価値は異なることになります。そして、会計上の価値より高く売れれば固定資産売却益に計上されます。会計上の価値が50万円の固定資産が80万円で売れれば、差額の30万円が固定資産売却益になります。一方で、会計上の価値以下の値段しか付かなければ固定資産売却損に計上されます。会計上の価値が50万円の固定資産が30万円でしか売れなければ、20万円が固定資産売却損になります。

 そして、固定資産売却益となれば利益が上がるのでその分税金が増え、売却損となれば利益を減らすので税金が減ります。