象:高品質な仕事を提供したい方 
効果:高品質の「認知」に関し、「パッケージ」の視点について理解できます

 今回は、前回に続き高品質の「認知」の続きです。
 商品が高品質であることを伝える手段として前回は「商品そのものの高品質感」を高めることをあげましたが、今回はパッケージについて考えてみます。

 パッケージも品質を伝える重要な手段です。商品の性質によっては売上に大きく影響するかと思います。高級ブランド店で小物などを購入すると、高級感のある箱に格納された商品がきれいな紙袋に入れられ手渡されたりしますが、これも高品質を伝える手段といえます。もしそのようなお店で、スーパーのレジ袋に商品を入れ渡されたら、商品そのものの価値が落ちたように感じるのではないでしょうか。

 パッケージには、商品を包装する役割に留まるものもあれば、商品の一部といえるものもあります。CDのジャケットもパッケージですが商品の一部です。「CDのジャケ買い」などと言うように、パッケージそのもののデザインや品質が購買の決めてとなる場合もあります。

 また、中身の違い以上にパッケージによって売上が左右されるであろう商品もあります。私は微糖の缶コーヒーをよく飲みますが、購買の選択基準は缶のデザインやブランドです。まず、よく知ったブランドで、おしゃれであったり格好良かったりといったことが基準になっているかなと思います。余程口に合わなければ今後は買いませんが、缶コーヒーの味を微糖のラインナップで比較した場合、どの商品もそんなに差はないかな、と感じています。缶からカップに移したコーヒーを飲み比べても、おそらくどれかは分からないかと思います。

 以上のように、パッケージも商品の品質を分かり易く伝えます。材質などにこだわればそれだけ費用もかさみますが、高価格帯の商品であればそれに見合ったものが必要です。ただ、工夫次第で費用を抑えることも可能かと思います。以前、兄が私の妻の誕生日プレゼントで、ダイソーで買った猫の写真がプリントされた紙袋に商品を入れ渡したことがありましたが、猫好きな妻はむしろその紙袋に喜んでいました。このように、例えば相手のニーズに合わせたデザインを工夫することで、低価格のパッケージでも喜んでもらえるのではないでしょうか。

 次回も、高品質の「認知」の続きです。広告について考えてみたいと思います。