対象:倉庫を整理したい方 
効果:見取り図の作成方法が分かります

 今回も、倉庫の整理について考えたいと思います。
「3.区画整理の見取り図を作成する」についてです。
前回では、各部門への資料室の利用割当と利用頻度を把握しました。
 それにより、
   ○床の利用割合(全体で16)
     ・A部門:3
     ・B部門:5
     ・C部門:2
     ・D部門:2
     ・E部門:1
     ・F部門:3
   ○書棚の利用割合(全体で75(A~C面各25ブロック×3))
     ・A部門:10
     ・B部門:38
     ・C部門:12
     ・D部門:6
     ・E部門:9
     ・F部門:0
   〇利用頻度の順番
     ・A部門:3
     ・B部門:1
     ・C部門:2
     ・D部門:4
     ・E部門:6
     ・F部門:5
という結果が出たと仮定します。

 上記のデータをエクセルで一覧表に表すと、以下の様になります。

 さらに、利用頻度順位をキーにして並び替えると、以下の様になります。

 そのデータを前々回区画割りした資料室の見取り図に、
   ・入口に近い所から
   ・利用頻度順位の早い順に
当てはめていきます。
 そのように割り当てることで、出し入れを頻繁に行う部門ほどなるべく少ない歩数で資料室を活用できます。
 その結果、以下の様になります。

〈段ボール利用に関する区画割り〉
 列毎に、段ボールを移動できる程の通路を設けてあります。

〈書棚利用に関する区画割り〉

 以上の一覧表や図面、あと以前作成した資料室利用規定を基に「4.各部署の担当者を集め、説明会を開催する」を実施します。次回はそのことについてお話しします。