対象:お客様のファンを増やしたい方 
効果:リラックマを題材にファン要素について理解できます

 今回も、お客様にファンになってもらう方法についてです。
 商品・サービスの視点について、「リラックマ」を題材に考えたいと思います。

 リラックマは、ご存知の方も多いかと思いますが、ぬいぐるみのクマをモチーフにしたゆるキャラで、全国に大勢のファンがいます。キャラクター商品も無数に販売され、ローソンでは飲物やパン、ケーキ類を一定量購入するとリラックマがプリントされた景品が当たるキャンペーンを随時行っています。他にも、キティちゃん、スヌーピーなどがキャンペーンキャラクターとして採用されており、ローテーションで入れ替わっているようです。私の奥さんはリラックマのファンで、そのキャンペーンが始まると私はなるべくローソンでコーヒーやジュース等の飲物を買い、景品を奥さんにプレゼントしています。

 以前、リラックマ人気を驚きと共に実感したことがあります。今お話ししたローソンのリラックマ関連の景品で、パン・ケーキを購入しシールを一定量所定のシートに貼るとどんぶりが当たる企画がありました。どんぶりは、もれなく当たるリラックマの顔がプリントされた物か、ローソン各店50個限定のコリラックマの顔がプリントされた物が対象です。限定品の交換は○日午前7時から配布されることがシートに印刷してありました。私は限定品を狙っていたのですが、「その日の午前中に取りに行けば大丈夫だろう」と思い、その日の午前11時過ぎ程に最寄りのローソンに行ってみました。ところが、限定品は既にすべて配布されてしまっており、その後何件かローソンをはしごしたのですがどの店も在庫が尽きていました。あるお店で、何時くらいですべて配布されてしまったのかたずねたところ、午前7時過ぎには終了してしまった、とのことでした。私は、落胆すると共に「リラックマ人気恐るべし」と思いました。その後、ローソンではこの配布方法を問題と捉えられたのか、配布日時を決めるやり方は改められましたが、この出来事はリラックマの経済効果の凄さを身をもって知ることができた経験でもありました。

 そんな大人気のリラックマですが、そもそもどうしてそんなに人気があるのでしょうか。他にもかわいいキャラはたくさん存在しているかと思いますが、なぜかリラックマです。

 そこで、次回はリラックマを
  ・物語
  ・デザイン
  ・認知
などの視点から分析してみます。
 次回に続きます。