対象:BCPを作りたい方 
効果:BCPの作成手順について理解できます。

 今回も、BCPをいかに作るかについてです。
 「5.関係省庁、緊急時連絡先や取引業者リスト化」についてです。

 災害発生後は様々な事態に陥ります。
 例えば、震災においては、
   ・建物の倒壊
   ・火災
   ・ライフラインの寸断
   ・物資の不足
などです。

 そんな状況において、消防や病院、水道・ガス・電気等ライフライン関連会社、物品の取引先等の存在は命綱です。場合によっては、即急に連絡を取り対応をお願いしなければならず、連絡先をリスト化し緊急事態においてすぐに連絡を取れるようにしておく必要があります。

 リスト化すべき関係機関は、例えば病院の場合は、
  ・火災
  ・電気
  ・ガス(プロパンガス・都市ガスなど)
  ・水道
  ・ボイラー
  ・液化酸素
  ・強盗・盗難
などに関連したことであり、連絡先を一覧表にすると、

  ・火災:消防署
      電話 119
  ・電気:○○電気保安協会
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・ガス
    プロパンガス:○○プロパン
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
    都市ガス:○○ガス
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・水道:○○工業
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・ボイラー:○○工業
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・液化酸素:○○酸素
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・強盗・盗難:警察
      電話 110

となります。

 取引先の連絡先一覧においては、まず自社にとって最低限必要な物を扱っている会社に絞ればより分かりやすいかと思います。

  ・○○(物品名):○○工業
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○
  ・○○(物品名):○○商事
      電話 ○○○○-○○-○○○○
      携帯電話 ○○○-○○○-○○○○

といった感じです。

 ただ、有事の時になって、一覧表に含まれていない物品が必要だと気づくこともあるかもしれませんので、全取引先一覧も別にまとめておいた方が良いかと思います。

 また、官公庁のホームページに災害別のハザードマップが掲載されています。各地区のものがあるかと思いますので、チェックしておいてはいかがかと思います。

 次回に続きます。