これまでVBAにより作成したシステムについてです。
 今回は、「レセコンデータ→収入・会計伝票変換システム」に関してです。

□レセコンデータ→収入・会計伝票変換システム
 レセコンデータを収入や会計伝票に瞬時に変換するシステムです。
 レセコンは、医療の分野において様々な診療行為に対し診療点数を計算するコンピューターです。それにより作成されたデータをエクセル用に変換したものを活用し、収入や会計伝票を作成できるようプログラミングしました。

〈作成の経緯〉
 病院の会計処理に関する件ですが、それまでは収入計算を病院の請求書毎にデータ入力していました。数百枚の請求書を一枚一枚処理するのは、時間と手間がかかる作業でした。
 その後、レセコンが新しい物に代わったのですが、それにはデータをエクセルで活用できる形式に変換する機能が付いていました。私は、変換したデータを会計処理に生かすことができるのではないかと思い、情報の中身を確認してみました。データは100列以上の大きなものでしたが、その中に収入に関する列がいくつか散在しているのを発見しました。どの列の収入情報が何の科目かを一つ一つ精査していき、それぞれ該当する項目につないでいきました。そして、各情報をエクセルのシートに貼り付けプログラムを実行することで、瞬時に収入情報を作成するシステムを開発しました。
 これにより、約3,000件のデータを30秒で変換することができます。一枚一枚手入力していた頃には毎月2日程かけていた作業が、レセコンからデータを取得しシステムに貼り付ける時間などを含めると1時間弱で終了することができるようになりました。