これまでVBAにより作成したシステムについてです。
 今回は、「会計伝票作成システム」に関してです。

□会計伝票作成システム
 会計データを基に会計伝票を印刷するシステムです。10分程で300枚以上の伝票を作成します。また、会計ソフトにエクセルデータを自動入力する機能も有しています(会計ソフトにエクセルデータを読み込む機能が搭載されている場合)。

〈導入の経緯〉
 それまで会計処理は、
   ・通帳・給与明細・売上台帳等から手書きで伝票を作成
   ・作成した伝票を会計ソフトに入力
という流れで行っていました。

 それにより、
   ・伝票を作成するのに毎月数日を要した
   ・会計ソフトへの入力にも多くの時間が必要
   ・長時間の入力作業が心身に負担
などの状態が継続していました。

 締め日付近は遅くまで残業をしなければ仕事が終わらず、年度初めには普段のルーチンワークに決算処理がプラスされ、業務量の多さに体調を崩すこともありました。
 また、他の作業も含めデータ処理作業で月の大半が経過してしまい、なかなか新しいことにチャレンジすることができず、日々の業務にやりがいが感じられませんでした。

 そこで、この状況を打開するため会計伝票作成システムに着手しました。
 作成するに当たり、
   ・既存の伝票をいかにデジタル化するか
   ・用紙に無駄なく印刷するには
   ・なるべく並び替えず伝票を作成できないか
   ・市販の会計ソフトにエクセルによるデータを格納できないか
   ・作業を極力少なくする仕組みとは
などを課題としました。

 このシステムにより、データ入力作業が削減され、手書き作業はほとんど無くなり、月毎に5日程度の作業時間を減らすことができました。その結果、会計処理による残業を無くすことができ、決算期においても無理なく業務をこなせるまでになりました。

会計のデータベースです。このデータを基に会計伝票を作成します(取引先名等仮名)。

          プログラムを実行すると連続印刷が始まり、
          このようなA4で3枚分の伝票ができます。

 

           3枚に切って重ねると伝票が完成します。

 

       下記の画面をクリックすると、
       会計伝票を印刷する様子を確認できます(取引先名等仮名)。
       この動画の処理を10分程度繰り返すことで300枚以上の伝票を
       作成します。
       (画面右下の「フルスクリーン」ボタンをクリックした後、
        画面をクリックすると大きな画面で確認できます)