【理念】
 事務効率の向上により、活力ある職場環境の実現、経営環境の改善、社会の発展に貢献します。また、事務効率向上に自主的に携わって頂くことで、周囲に貢献し自信や喜びを感じられる学習機会を提供します。 【担当者プロフィール】
 東です。システムコンサルタントです。
 事務職としてシステム開発・会計・労務管理等を長年経験しました。
 会計を担当した当初はデータ入力や伝票の手書き処理に追われ、その作業から抜け出せない日々が続きました。締め日付近は遅くまで残業をしなければ仕事が終わらず、年度初めには普段のルーチンワークに決算処理がプラスされ、業務量の多さに体調を崩すこともありました。
 そこで、この状況をなんとか打開するため、業務改善に着手しました。過去データの分析、データやファイルの整理、無駄な作業の削減、エクセルVBAによる手書き作業をデータ化し自動印刷するシステムや、会計ソフトへエクセルデータを自動格納するシステム開発などを実施しました。また、仕事の仕組みを見直し改善しました。その結果、トータルで月毎に5日程度の作業時間が削減され、会計処理による残業を無くすことができ、決算期においても無理なく業務をこなせるまでになりました。職場の職員からも業務システム作成や仕組みの改善を依頼されるようになり、法人全体で年間約6,400時間の作業時間を削減しました。
 また、客観的な視点の習得や集中力など基礎能力の改善により、正確性や効率性など仕事に関する能力が改善することも経験しました。その体験から、基礎能力の改善も業務力を高める上で重要であると実感しています。
 以上の経験から、専門・基礎能力両面を重視した業務改善について考えていきます。